Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

セルフインクスタンプを購入する前に考えるべき3つのこと

セルフインクスタンプはどんな目的にも使えるゴム印の一種です。昔ながらのゴム印に比べて、別途インクパッドを持ち運ばなくて済むため非常に便利で、軽く、持ち歩きに最適です。またお値段も大変お手頃です。セルフインクスタンプは使うたびに自動でインクをつけるという特徴があります。専門家(Kiasu Print Pte Ltd)によると、お手入れについては一定期間に1回、インクを補充するということだけです。ご自身のセルフインクスタンプ製作にご興味がおありでしたら、ニーズにぴったりと当てはまる一本を作るために気を付けておかなければいけないことがいくつかあります。

1.スタンプのサイズ

セルフインクスタンプのサイズにはいくつかのサイズから選ぶことができます。昔ながらのゴム印ほどではないにせよ、少なくとも大、中、小から、目的に合わせて選択可能です。例えば、押印面が小さいときは小さいサイズを、一般的な紙面に使う場合には中サイズを、もちろん大きいものが必要な時は大きいサイズを選択するようにしてください。

2.セルフインクスタンプのインク

セルフインクスタンプは水性インクを利用します。しかしこの水性インクには色々な色があります。他の種類のインクと入れ替えることはできませんが、用途に合わせたお好きな色を選択することができます。通常、否認といったネガティブな内容であれば赤色が、一般的に利用するものとしては、青、紫、黒が選ばれることが多いです。これら3つの色は幅広い用途に一般的に利用されます。製作する場合には承認など仕事の報告や申請を行う上にいる方と相談するのがお勧めです。

3.材質

セルフインクスタンプは印象強いイメージが彫られたゴム部分と、一般的にプラスチックの持ち手から構成されています。ボディ部分のプラスチックのタイプは強化プラスチックや割れやすいものなど、品質により違いがあり、耐久性が違うということは価格にも差があります。高品質のものを求めるのであれば、高価格なものを選んでください。しかし、安いものでも機能的には大丈夫です。セルフインクスタンプに関してはプラスチックのみしか持ち手の選択肢はありません。金属ボティのセルフインクタイプに出会うこともあると思います。これは過酷な環境にも耐えられるように高い耐久性を必要とする特殊な場面の利用を想定されるものとなります。

Related posts
ビジネス

覚えておかなければいけない基本的なステッカーデザインのコツ4つ

ビジネス

競争しないeコマースの運営方法

ビジネス

会社にとってのさまざまな種類の印鑑

ビジネス

フレンドリーストアで高品質のペット用品を購入する理由

Sign up for our Newsletter and
stay informed