Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

支社はビジネスの拡大を考える国外資本会社のオーナーとしてシンガポールに設立できる事業であり

支社は、ビジネスの拡大を考える国外資本会社のオーナーとしてシンガポールに設立できる事業であり、この方法は外国人がシンガポール国内でビジネスを始める事ができる3つの方法のうちの1つです。シンガポールの他の企業やビジネスと同様に、ビジネスを合法的に運営するために従わなければならない特定の手順と規制があります。

シンガポールの法律は、シンガポールの会計および企業規制当局(ACRA)に登録されるために継続的に行われる利益獲得を目的するすべての活動を義務付けています。登録されるためには、会社は既存の規則に従って会社登録の手順をパスしなければなりません。正式に承認された後に初めて、シンガポールの支店は法人として登録され、シンガポール支社は、外国の親会社の延長とみなされます。さらに支社は、独立した組織とは見なされず、シンガポール支社の親会社はその責任と債務を負うことになります。

外国人として、自ら会社を登録するためにシンガポールの専門会社のサービスを利用する義務があります。法律事務所、会計事務所、企業秘書事務所など、このプロセスを満たす可能性のある会社は多く存在しています。登録プロセスを通過する前に、満たす必要があるいくつかの管理上の必要条件を以下で紹介します。

名前

シンガポールの死者は親会社と同じ会社名である必要があります。

役員

シンガポールの支社は、シンガポール居住者であるスタッフを任命しなければなりません。シンガポールの居住者には、シンガポール市民、永住者、または雇用パスの保有者が含まれます。すべてのスタッフは18歳以上でなければなりません。

構成と活動

親会社は、すべての活動、株主、および会社構成を同様の規則で指示することを義務付けられています。

登録住所

シンガポール支社は、シンガポール国内に事務所を登録する必要があり、住所には会社名と設立場所を記載する必要があります。

これらの管理上の要件以外に、登録用の書類を提出する必要があります。これらの書類はすべて英語で提出しなければなりません。必要な資料の一覧は次のとおりです:

  • 外国企業取締役の詳細
  • 外国企業の設立証明書および構成証明書のコピー
  • シンガポール支社の正式な代表者の任命覚書
  • 外国企業によってまたは外国企業に代わって執行された代表者の権限を記載した覚書
  • シンガポールにおける登録事務所住所の詳細
  • 親会社の最新かつ監査済みの財務諸表

支社の登録に必要な日数は通常1〜2日であり、すべての手続きは会社が雇った専門会社によって処理されます。承認されると、支社がシンガポールで登録に成功したことを正式に記載したEメールが届きます。コストを節約するためにシンガポールのバーチャルオフィスを使用することも可能です。ハードコピーはもはやシンガポール国内で必要とされていないため、このEメールはシンガポールにおける会社の有効な承認証明となります。会社をシンガポールで登録するためにはA1 Businessのような会計事務所に依頼すると、リーズナブルな価格ですべての必要作業を実行してくれるでしょう。

Related posts
ビジネス

会社にとってのさまざまな種類の印鑑

ビジネス

フレンドリーストアで高品質のペット用品を購入する理由

ビジネス

これからの社会で仕事に必要とされる素質とは?

ビジネス

フリーランスが思考力を鍛えるためのポイントと実例

Sign up for our Newsletter and
stay informed