Unlimited WordPress themes, plugins & video downloads!

ビジネス

会社にとってのさまざまな種類の印鑑

ここ数年の人間の進歩により、生活の中のすべてをより生産的に行うことを容易にする高度なテクノロジーとの結合だけでなく、多くのことがもっと使いやすくなる製品設計とテクノロジーの改良を目にしてきました。しかし、一部の商品は変化せず、旧来のメカニズムを維持しており、人々がこれまで以上にテクノロジーに頼っているこの時代においても、なお有用なものとして継続しています。そういった商品の一つが社印です。社印はその製造方法によって、さまざまな目的で、オフィス内でもよく使われています。今では、過去に知られているもの以上に、より多くの種類の社印があります。この記事を読み進めていくことによって、自身のカスタムメイドの社印に適した印鑑を見つけることができるでしょう。

1.セルフインキングスタンプ(シャチハタ印)

この印鑑はインクが充填されているので、セルフインキングの即席印鑑です。この種類の印鑑であれば、インクを付けるための個別インクパッドはもう要りません。一般的に小型で、軽量プラスチックで作られているので、持ち運びが簡単です。最もクラシックな印鑑と比べると、それほど高くはなく、代わりにさらに使いやすくなるので、価格以上の価値があります。しかし、プラスチック製なので、木製ゴム印や金属製の印鑑よりもむしろ壊れやすいです。

2. プレインクスタンプ(浸透印)

この種類の印鑑は、さまざまな商品に鮮明な印影を押印できるので、他の種類と比較しても耐久性があります。よりプロフェッショナルな印影を与えますし、クライアントや他の関係者に向けた特定の正式文書を発行する際に、あなたのロゴや会社名を押印することでさらに信頼性を打ち出すことができます。

3.ゴム印

ゴム印は最もよく知られた印鑑の種類です。何年にも渡って続く基本的な種類の印鑑です。通常は木から作られており、インクの充填ができないので、個別にインクパッドが必要です。この種類の印鑑を使う際にどれだけ気を付けて使うかによりますが、耐久性は普通です。より使いやすい印鑑が多いため、この印鑑は徐々に忘れられてきています。依然として、印鑑メーカーで作られる最も安いタイプの印鑑です。

カスタムメイドの社印を作るとなると、印鑑メーカーの選択がとても重要です。どのメーカーに頼むか、注意して選ばなければいけません。専門家(www.kiasuprint.com)によると、まず初めに、支払い額と同等の価値を得るように、あなたの望む方法と品質で、彼らが印鑑を作ることができることを確認するべきである、と提言しています。安価な印鑑と高価な印鑑で押された印影には大きな違いがありますので、ベストな品質の印鑑を提供することは、あなたの会社イメージに大きな利益をもたらすでしょう。

Related posts
ビジネス

フレンドリーストアで高品質のペット用品を購入する理由

ビジネス

これからの社会で仕事に必要とされる素質とは?

ビジネス

フリーランスが思考力を鍛えるためのポイントと実例

ビジネス

支社はビジネスの拡大を考える国外資本会社のオーナーとしてシンガポールに設立できる事業であり

Sign up for our Newsletter and
stay informed